ITエンジニアの転職、独立に関するブログ「IT転職のホンネ!」です。当ブログでは、ITエンジニアの転職、独立に関する様々な情報を発信しております。転職や独立を考えている方のお役に立てれば幸いです!
4,396view

新卒でITエンジニアになるための効率的な方法!

新卒でITエンジニアになるための効率的な方法!
こんにちは!

ITエンジニアの転職、独立に関するブログ

「IT転職のホンネ!」の管理人です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は11月29日(月)です!

はじめに!


新卒の方の中には、

ITエンジニアを目指している!

IT企業に就職したい!

という方も多いと思います。

そのような中で、

普通に就活してIT企業に就職する方法もありますが、ITエンジニアである僕からすると、もっと効率のよい方法もあります。

そこで!

今回は、新卒でITエンジニアになるための効率的な方法について説明します。


[目次]
新卒でITエンジニアになるための効率的な方法!
新卒でITエンジニアになる方法!(結論)
就職支援サービスを利用する場合の前提!
IT専門の就職支援サービスのメリット!
    ・1.業界研究
    ・2.企業研究
    ・3.インターンシップ
    ・4.自己分析
    ・5.企業説明会への参加
    ・6.OB・OG訪問
    ・7.応募する企業選び
    ・8.エントリーシート(ES)
    ・9.筆記試験の準備
    ・10.面接の準備
新卒向けのIT専門の就職支援サービス!
レバテックルーキー
    ・概要
    ・特徴
IT求人ナビ新卒
    ・概要
    ・特徴
最後に!


新卒でITエンジニアになるための効率的な方法!


以下、新卒でITエンジニアになるための効率的な方法についてです。


新卒でITエンジニアになる方法!(結論)


結論から先にいうと、

ぶっちゃけ、

新卒でITエンジニアになることを決めている、つまり、IT企業に就職することを決めているのであれば、

一番効率的な方法は、

新卒向けのIT専門の就職支援サービス!

を利用することです。

つまり、

新卒のITエンジニアに特化したエージェントサービスを利用することです。

ちなみに、エージェントサービスとは、対人型のサービスの一つであり、就職において、エージェント(代理人、仲介人)が様々なサポートをしてくれるサービスです。

ということで、

次から、就職支援サービスを利用する場合の前提とメリット、そして、具体的なサービスについて説明します。


就職支援サービスを利用する場合の前提!


先で、新卒でITエンジニアになること(IT企業に就職すること)を決めているのであれば、新卒向けのIT専門の就職支援サービスを利用した方が効率がよいと述べていますが、

ここで、新卒向けのIT専門の就職支援サービスを利用する場合の前提があります。

それは、

・新卒であること!
・ITエンジニアになることを決めていること!
・IT企業への就職を決めていること!

という前提です。

なぜ、このようなことを言っているかというと、後ほど、僕がおすすめする新卒向けのIT専門の就職支援サービスをご紹介しますが、ITエンジニア、IT企業に特化した就職支援サービスということもあり、

ITエンジニアになることを迷っている!

という方が利用してしまうと、新卒向けのIT専門の就職支援サービスの

エージェントの方に迷惑がかかってしまう!

という理由です。

そのため、

何が何でもITエンジニアになりたい、IT企業に就職したいという方以外は、普通に就活することをおすすめします。


IT専門の就職支援サービスのメリット!


次に、ITエンジニアになることを決めている場合は、IT専門の就職支援サービスを利用した方がよい理由について説明します。

※ここでは、IT専門だけではなく一般的な就職支援サービスのメリットについても説明します。

世の中には、新卒向けの就職支援サービスは数多くありますが、就職支援サービスを利用するメリットは、

ズバリ!

就活での悩みをエージェントに相談できる!
就活の様々なサポートをしてくれる!
無駄な就活をしなくて済む!

といったメリットがあります。

ということで、就職支援サービスを利用した場合と、通常の就活の流れである

1.業界研究
2.企業研究
3.インターンシップ
4.自己分析
5.企業説明会への参加
6.OB・OG訪問
7.応募する企業選び
8.エントリーシート(ES)
9.筆記試験の準備
10.面接の準備

という就活でやることに沿って、就職支援サービスのメリットを説明します。


|1.業界研究


一般的に就活で最初にやるべきこととして業界研究がありますが、この記事は、IT業界への就職を決めている方を対象にしているため、特に述べることは特にありませんが、IT業界とはいっても、

大きくは、

・オープン系
・WEB系
・制御/組込系

といった種類があるため、自分が進みたい具体的な業界は自分で決める必要があります。


|2.企業研究


通常の就活においては、自分で企業研究する必要があり、ありとあらゆる情報を駆使して、企業研究している就活生も多いと思います。

しかし、就職支援サービスを利用した場合は、エージェントから企業に関する詳しい情報を教えてもらえたり、相談もできるため、

効率よく企業選びができる!

というメリットがあります。


|3.インターンシップ


通常の就活においては、自分でインターンシップを探して参加するといったことが必要になり、これも、ありとあらゆる情報を駆使して、インターンを経験する就活生も多いと思います。

しかし、就職支援サービスを利用した場合は、エージェントからインターンシップに関する情報を得ることができる場合もあり、

効率よくインターンシップに参加できる!

というメリットがあります。

ただ、僕が知る限りでは、短期のインターンシップはあるにせよ、IT企業で長期インターンシップを実施することはあまりないと思います。


|4.自己分析


通常の就活においては、自分で自己分析を行うことが必要になり、頭を悩ませる就活生も多いと思います。

しかし、就職支援サービスを利用した場合は、エージェントから自己分析のサポートを受けることができる場合もあり、

自己分析をサポートしてくれる!

というメリットがあります。


|5.企業説明会への参加


通常の就活においては、自分で企業説明会の情報を調べることが必要になり、調べるのが大変と思っている就活生も多いと思います。

しかし、就職支援サービスを利用した場合は、エージェントから企業説明会の情報を得ることができる場合もあり、

企業説明会の情報を得ることができる!

というメリットがあります。


|6.OB・OG訪問


通常の就活においては、自分で訪問するOB・OGを探すことが必要になり、探すのが大変と思っている就活生も多いと思います。

しかし、就職支援サービスを利用した場合は、エージェントから企業の詳しい情報を得ることができる場合もあり、

OB・OG訪問を無理にする必要がない!

というメリットがあります。


|7.応募する企業選び


通常の就活においては、自分で企業を探し応募するといったことが必要になり、企業選びに頭を悩ませる就活生も多いと思います。

というか、この企業選びが就活では一番悩ましいことだと思います。

しかし、就職支援サービスを利用した場合は、エージェントから企業の提案を受けたり、応募のサポートを受けることができるため、

企業選びをサポートしてくれる!

というメリットがあります。


|8.エントリーシート(ES)


通常の就活においては、自分でエントリーシート(ES)を作成することが必要になり、頭を悩ませる就活生も多いと思います。

しかし、就職支援サービスを利用した場合は、エージェントからエントリーシート(ES)作成のサポートを受けることができる場合もあり、

ES作成もサポートしてくれる!

というメリットがあります。


|9.筆記試験の準備


通常の就活においては、自分で筆記試験対策をすることが必要になり、頭を悩ませる就活生も多いと思います。

しかし、就職支援サービスを利用した場合は、エージェントから筆記試験対策のサポートを受けることができる場合もあり、

筆記試験対策もサポートしてくれる!

という利点があります。


|10.面接の準備


通常の就活においては、自分で面接対策をすることが必要になり、頭を悩ませる就活生も多いと思います。

しかし、就職支援サービスを利用した場合は、エージェントから面接対策のサポートを受けることができる場合もあり、

面接対策もサポートしてくれる!

というメリットがあります。


新卒向けのIT専門の就職支援サービス!


先で、就職支援サービスを利用した場合のメリットを説明していますが、

具体的なIT専門の就職支援サービスって何?

という方もいると思いますので、

今回は、

レバテックルーキー
IT求人ナビ新卒

という2つの新卒向けのIT専門の就職支援サービスをご紹介します。

なお、今回、ご紹介する2つの就職支援サービスは、IT業界の転職において、数多くの実績がありメジャーなエージェントサービスであり、新卒にも対応しているという理由でご紹介しています。


レバテックルーキー


僕がおすすめする新卒向けのIT専門の就職支援サービスの1つ目は「レバテックルーキー」です。

image
※画像はサイトのスクリーンショットです。

|概要


サイト名
レバテックルーキー
サービス
エージェント
対象
大学3・4年生、大学院1・2年生
企業地域
東京、神奈川、埼玉、千葉
運営会社
レバテック


|特徴


「レバテックルーキー」は、新卒でITエンジニアになりたい学生の様々な就職活動をサポートしてくれるという、ITエンジニア専門の就職エージェントで、日本最大規模のIT業界のネットワークで蓄積された、企業の内部情報や職場環境、人柄、企業文化の情報など、生の企業情報を就活生に届けてくれるという特徴があります。

また、サイト内には、新卒でITエンジニアを目指す方向けの記事コンテンツも充実しており、読んだだけでもかなり参考になります。

-詳しくはこちらより-


IT求人ナビ新卒


僕がおすすめする新卒向けのIT専門の就職支援サービスの2つ目は「IT求人ナビ新卒」です。

image
※画像はサイトのスクリーンショットです。

|概要


サイト名
IT求人ナビ新卒
サービス
エージェント
対象
大学3・4年生、大学院1・2年生、短大、高専、専門学校生
企業地域
札幌、仙台、東京、愛知、大阪、広島、福岡
運営会社
アクロビジョン


|特徴


「IT求人ナビ新卒」は、IT系のエンジニア、WEBデザイナーを目指す方々向けに特化した新卒就活支援サービスで、IT業界や技術に精通した専任のスタッフが、就活生に対して、キャリアの相談から、企業のご提案、条件面交渉などトータルなサポートを提供してくれるという特徴があります。

-詳しくはこちらより-


最後に!


今回、新卒でITエンジニアになるための効率的な方法について説明しましたが、

新卒でITエンジニアになることを決めているのであれば、僕としては、新卒向けのIT専門の就職支援サービスを利用することはとても有効だと考えています。

いずれにせよ、

新卒の皆様、コロナ不況の大変な状況下ではありますが、就活がんばってください!
ad
ad
>関連記事!
新卒,it,文系,理系
新卒でITエンジニアになることに文系・理系は全く関係がない!
新卒でITエンジニアになりたいと考えている方の中には、「私は文系だからITエンジニアは無理!」と思っている方も多いと思います。しかし、実際、ITエンジニアになることに、「文系、理系は全く関係がない!」です。そこで!今回は、新卒でITエンジニアになることに文系・理系は全く関係がないことについて、僕の経験を踏まえて説明します。
IT新卒3,869view