ITエンジニアの転職、独立に関するブログ「IT転職のホンネ!」です。当ブログでは、ITエンジニアの転職、独立に関する様々な情報を発信しております。転職や独立を考えている方のお役に立てれば幸いです!
1,987view

ITエンジニアが転職するメリットとデメリットについて解説!

ITエンジニアが転職するメリットとデメリットについて解説!
こんにちは!

ITエンジニアの転職、独立に関するブログ

「IT転職のホンネ!」の管理人です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!

今日は6月23日(水)です!

はじめに!


ITエンジニアの方には、様々な理由で、

転職を考えている!

という方も多いと思います。

実際、IT業界は転職が多い業界です。

そのようなときに悩むのは、

ITエンジニアとして、

転職するメリットやデメリットは何?

という悩みです。

そこで!

今回は、ITエンジニアが転職するメリットとデメリットについて、僕の考えを説明します。


[目次]
ITエンジニアが転職するメリット!
ITエンジニアとしてのスキルを活かせる!
年収が増える可能性がある!
新しい環境で仕事ができる!
人として成長できる!
ITエンジニアが転職するデメリット!
自分のスキルを活かせない可能性がある!
新しい環境に慣れる必要がある!
継続勤務年数がリセットされてしまう!
転職の要因が解消されない場合もある!
最後に!


ITエンジニアが転職するメリット!


まずは、ITエンジニアが転職するメリットについてです。

以下、僕が考えるITエンジニアが転職するメリットとなり、

大きくは、

[転職するメリット]
・ITエンジニアとしてのスキルを活かせる!
・年収が増える可能性がある!
・新しい環境で仕事ができる!
・人として成長できる!

という4つあります。

※4つというのが中途半端な数ですが...

ということで、次から、ITエンジニアが転職するそれぞれのメリットについて説明します。


ITエンジニアとしてのスキルを活かせる!


ITエンジニアが転職するメリットの1つ目は、

ITエンジニアとしてのスキルを活かせる!

というメリットです。

このメリットは、IT業界特有なことの一つでもありますが、自分が身につけたITスキルや業務スキルなどは、会社やプロジェクトに関係なく活かすことができるというメリットがあります。

これが、IT業界において転職する人が多い一番の理由でもあります。

例えば、

自分にJavaの開発スキルがある場合、他の会社やプロジェクトでもJavaの開発を行う場合、転職してからも同じようにJavaの開発スキルを活かすことができるということになります。

[ご参考]
ITエンジニアが転職・独立するために必要なスキルについて!

特に、新しい会社、新しいプロジェクトが、あなたのITエンジニアとしてのスキルを求めている中で転職した場合、自分のITエンジニアとしてのスキルを新しい環境で発揮できる可能性も十分にあります。


年収が増える可能性がある!


ITエンジニアが転職するメリットの2つ目は、

年収が増える可能性がある!

というメリットです。

これは、ITエンジニアに限ったことではありませんが、転職する理由の多くは年収、給与に満足していないという人も多いと思います。

※僕が独立した理由は、まさにこれでした...

[ご参考]
ITエンジニアが転職、独立する理由を徹底解説します!

そして、今の会社よりも年収が増える会社に転職することによって、年収が増えるというメリットがあります。

特に、ITエンジニアの場合、保有しているスキルや資格によっては、年齢にとらわれることなく、転職先で評価されれば、年収が増える可能性は大いにあります。

ただし、あくまでも年収が増える可能性があるということだけであり、年収、特に賞与は会社の業績に左右されるため、必ず年収が増えた状態が続くとは限りません。


新しい環境で仕事ができる!


ITエンジニアが転職するメリットの3つ目は、

新しい環境で仕事ができる!

というメリットです。

転職する理由が、今の会社や現場が嫌になったという人も多いと思います。

そのような中で、転職することによって、新しい環境、新しい会社、新しい現場やプロジェクトなどで、過去のしがらみにとらわれることなく、仕事ができるというメリットがあります。

また、ITエンジニアとしては、転職先の新しい環境の中で、新しいスキルを身につけられる可能性も大いにあります。

ただし、新しい環境で仕事ができる一方で、新しい環境に慣れる必要もあります。


人として成長できる!


ITエンジニアが転職するメリットの4つ目は、

人として成長できる!

というメリットです。

これも、ITエンジニアに限ったことではありませんが、転職や独立を経験すると、人として成長できると考えています。

※僕もそうでしたが...

例えば、思い切った判断力、行動力などが向上するようになったと感じています。

やはり、人間は、色んな経験を積み重ねることによって、成長する生き物なんだなと感じることは多々あります。


ITエンジニアが転職するデメリット!


次は、ITエンジニアが転職するデメリットについてです。

以下、僕が考えるITエンジニアが転職するデメリットとなり、

大きくは、

[転職するデメリット]
・自分のスキルを活かせない可能性がある!
・新しい環境に慣れる必要がある!
・継続勤務年数がリセットされてしまう!
・転職の要因が解消されない場合もある!

という4つあります。

※4つというのが中途半端な数ですが...

ということで、次から、ITエンジニアが転職するそれぞれのデメリットについて説明します。


自分のスキルを活かせない可能性がある!


ITエンジニアが転職するデメリットの1つ目は、

自分のスキルを活かせない可能性がある!

というデメリットです。

これは、自分のスキルとはアンマッチな会社に転職した場合のデメリットです。

例えば、極端な話をすると、業務システム開発をメインで行なってきたITエンジニアが、組み込みシステム開発をメインで行なっている会社へ転職した場合などは、すぐに(即戦力として)自分のスキルを活かすことができないといった状況になってしまいます。


新しい環境に慣れる必要がある!


ITエンジニアが転職するデメリットの2つ目は、

新しい環境に慣れる必要がある!

というデメリットです。

先でも述べていますが、転職する理由が、今の会社や現場が嫌になったという人にとっては、新しい環境で仕事ができるというメリットでもあります。

しかし、そのような理由以外で転職する人にとっては、新しい環境に慣れる必要があるというデメリットになります。


継続勤務年数がリセットされてしまう!


ITエンジニアが転職するデメリットの3つ目は、

継続勤務年数がリセットされてしまう!

というデメリットです。

これは、ITエンジニアに限ったことではありませんが、例えば、クレジットカードを新規で発行するとき、ローンを組むとき、賃貸契約するときなど、転職することによって、継続勤務年数がリセットされてしまうため、信用が落ちてしまうというデメリットがあります。

ただし、継続勤務年数がリセットされてしまうからといって、審査に落ちるようなことはあまりないと思います。

そのため、あまり神経質になる必要はありませんが、シチュエーションによっては、デメリットになります。


転職の要因が解消されない場合もある!


ITエンジニアが転職するデメリットの4つ目は、

転職の要因が解消されない場合もある!

というデメリットです。

転職する要因は様々あるとは思いますが、必ずしも転職したからといって転職の要因が解消されない場合もあるというデメリットもあります。

もっと簡単にいうと、転職に失敗した、前の会社の方がよかったという状況になる可能性もあるというデメリットです。

例えば、ITエンジニアでいうと、新しい会社、新しいプロジェクトとのスキルアンマッチ、新しいプロジェクトの方が大変なプロジェクトであったというようなケースです。

そういう意味では、転職は慎重に進める必要があります。


最後に!


今回、ITエンジニアが転職するメリットとデメリットについて、色々と述べましたが、転職するにしても、独立するにしても、それぞれにメリットやデメリットはあります。

そして、転職後に、メリットの方が大きい、デメリットの方が大きいと感じるのは、人によっても違います。

いずれにせよ、転職する際は、自分の状況に合ったメリット、デメリットを考慮した上で、慎重に進める必要があります。
ad
ad
>関連記事!
itエンジニア,独立,メリット,デメリット
ITエンジニアが独立するメリットとデメリットについて解説!
ITエンジニアの方には、様々な理由で、「独立を考えている!」という方も多いと思います。実際、IT業界は独立が多い業界です。そのようなときに悩むのは、ITエンジニアとして、「独立するメリットやデメリットは何?」という悩みです。そこで!今回は、ITエンジニアが独立するメリットとデメリットについて、僕の考えを説明します。
IT独立2,259view