ITエンジニアの転職、独立に関するブログ「IT転職のホンネ!」です。当ブログでは、ITエンジニアの転職、独立に関する様々な情報を発信しております。転職や独立を考えている方のお役に立てれば幸いです!
1,609view

ITエンジニアは転職と独立のどちらがいいのか?

ITエンジニアは転職と独立のどちらがいいのか?
こんにちは!

ITエンジニアの転職、独立に関するブログ

「IT転職のホンネ!」の管理人です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!

今日は6月23日(水)です!

はじめに!


ITエンジニアの方には、

転職や独立を考えている!

という方も多いと思います。

特に多いのは、それなりにキャリアを積んだエンジニアの方だと思います。

そのようなときに悩むのは、

転職すべきか?独立すべきか?

という悩みです。

そこで!

今回は、ITエンジニアは転職と独立のどちらがいいのか?について、僕の経験を踏まえて説明します。

※一応、お伝えしておきますが、この記事でいう独立とは、フリーランスのITエンジニアになる、つまり、個人事業主になるという意味での独立です。


[目次]
ITエンジニアの転職や独立について!
転職、独立したい理由や目的!
転職、独立しやすい年齢!
転職、独立しやすい職種!
ITエンジニアは転職と独立のどちらがいいのか?
転職と独立のどちらがいいのか?
転職するか独立するかの判断基準!
    ・1.仕事を継続的に受注できるか?
    ・2.困ったときに助けてくれる人がいるか?
    ・3.一人でやっていく自信はあるか?
最後に!


ITエンジニアの転職や独立について!


ITエンジニアは転職と独立のどちらがいいのか?を述べる前に、

ITエンジニアが、

・転職、独立したい理由や目的!
・転職、独立しやすい年齢!
・転職、独立しやすい職種!

について、僕の考えを簡単に述べておきます。


転職、独立したい理由や目的!


まずは、ITエンジニアが転職、独立したい理由や目的についてです。

ITエンジニアが転職、独立したい理由や目的は、人によって様々だとは思いますが、

・年収、給与に不満がある
・プロジェクトで疲弊している
・開発したいのに管理職にシフトしている
・etc

といった不満があるからだと思います。

逆にいうと、

・年収、給与を上げたい
・今のプロジェクトから逃れたい
・ITエンジニアとして働きたい
・etc

といった目的のために転職や独立をすると思います。

ちなみに、僕の場合は、年収、給与に対する不満があったため、転職を考え、最終的には独立することを決意しています。

いずれにせよ、ITエンジニアには、ITエンジニアなりの転職、独立したい理由や目的があります。

[ご参考]
ITエンジニアが転職、独立する理由を徹底解説します!


転職、独立しやすい年齢!


次に、ITエンジニアが転職、独立しやすい年齢についてです。

僕が考える年齢別の転職、独立のしやすさを表にすると、下記の表になります。

[例]大卒でITエンジニアになった場合
年齢
経験年数
転職
独立
22~24歳
3年未満
×
×
25~29歳
10年未満
×
30~34歳
10年程度
35~39歳
15年程度
40~44歳
20年程度
45~49歳
25年程度
50~54歳
30年程度
×
×
55~59歳
35年程度
×
×
◎:非常にしやすい ◯:しやすい ×:しにくい

上記の表からもわかるように、

・転職は30代!
・独立は30代後半~40代前半!

が一番しやすいと考えています。

ちなみに、僕は、40代前半で独立しています。

なお、上記の表で、僕が転職のしやすさを判断した詳しい理由については、

[ご参考]
ITエンジニアが転職しやすい年齢をまとめてみました!

また、独立のしやすさを判断した詳しい理由については、

[ご参考]
ITエンジニアがフリーランスとして独立しやすい年齢をまとめてみました!

をご覧ください。


転職、独立しやすい職種!


次に、ITエンジニアが転職、独立しやすい職種についても簡単に述べておきます。

ITエンジニアとはいっても、色んな職種があります。

そのような中で、僕が考えるITエンジニアとして転職、独立しやすい職種は、

・プログラマー
・システムエンジニア
・インフラエンジニア
・プロジェクトマネージャー
・システムコンサルタント

の5つです。

理由は単純に、IT業界で需要が多い職種である、つまり、IT業界において求人が多い職種であるという理由です。

なお、詳しくは、下記の記事をご覧ください。

[ご参考]
ITエンジニアが転職・独立しやすい職種について!


ITエンジニアは転職と独立のどちらがいいのか?


前振りが長くなってしまいましたが、

以下、ITエンジニアは転職と独立のどちらがいいのか?についてです。


転職と独立のどちらがいいのか?


この記事を読んでいる方のほとんどは、

ITエンジニアの方で、

転職すべきか?独立すべきか?

で悩んでいる方だと思いますが、

実際、

僕もかなり悩みました!

そして、最終的には独立しています。

しかし!

僕が独立しているからといって、独立をすすめることは一切なく、

転職するか独立するかは一概には言えない!

というのが僕の考えです。

そして、

僕が考えるITエンジニアとして転職した方がいいのか独立した方がいいのかは、先でも述べているように、

ITエンジニアとして転職、独立するための

・理由や目的
・年齢(経験年数)
・職種
・etc

などによって変わってきます。

ただし!

僕の経験上、ITエンジニアとして、

転職するか独立するかの判断基準!

はあります。

ということで、

次から、ITエンジニアとして転職するか独立するかの判断基準を説明します。


転職するか独立するかの判断基準!


僕の経験上、ITエンジニアが転職するか独立するかを決める判断基準は、

大きくは、

[判断基準]
1.仕事を継続的に受注できるか?
2.困ったときに助けてくれる人がいるか?
3.一人でやっていく自信はあるか?

という3つの判断基準があります。

そして、

上記の3つの判断基準のうち、自分が該当する判断基準(YESと答えることができる判断基準)により、転職した方がよいか独立した方がよいかの判断は、下表となります。

判断基準に該当
転職・独立
なし
転職した方がよい
1つ
転職した方がよい
2つ
独立した方がよい
3つ
独立した方がよい

つまり、判断基準に該当する数が、

0~1つの場合は転職!

2~3つの場合は独立!

した方がよいというのが僕の考えです。

それぞれについて、詳しく説明します。


1.仕事を継続的に受注できるか?


ITエンジニアが転職するか独立するかを決めるポイントの一つ目は、

仕事を継続的に受注できるか?

という判断基準です。

転職する場合は、会社が受注した仕事をしていくことになります。

独立する場合は、自分で仕事を受注する必要があり、自分で受注した仕事をしていくことになります。

そのような中で、

自分で仕事を継続的に受注できるという

見込みがない場合は転職!

見込みがある場合は独立!

した方がよいというのが僕の考えです。


2.困ったときに助けてくれる人がいるか?


ITエンジニアが転職するか独立するかを決めるポイントの二つ目は、

困ったときに助けてくれる人がいるか?

という判断基準です。

例えば、独立してから仕事がなくなった場合など、他の仕事を紹介したり、他の仕事を一緒に探してくれるような人がいるかどうかです。

そういう意味では、

信頼関係がある人脈があるか?

ということになります。

そのため、

困ったときに、

助けてくれる人がいない場合は転職!

助けてくれる人がいる場合は独立!

した方がよいというのが僕の考えです。


3.一人でやっていく自信はあるか?


ITエンジニアが転職するか独立するかを決めるポイントの三つ目は、

一人でやっていく自信はあるか?

という判断基準です。

転職する場合は、会社に属することで、自分の責任は会社の責任にもなります。

また、会社に属することで、ある程度は会社から守られます。

独立する場合は、自分が事業主となるため、自分の責任は自分の責任になります。

また、事業主になる以上は、自分で自分を守る必要があります。

そのため、

一人でやっていくという

自信がない場合は転職!

自信がある場合は独立!

した方がよいというのが僕の考えです。


最後に!


今回、ITエンジニアは転職と独立のどちらがいいのか?ということついて、僕の経験を踏まえて色々と述べましたが、

今回、説明したように、

今の会社を辞める目的や状況によります!

そのため、今の状況、今後の目的をしっかりと考えてから、行動することをおすすめします。

ちなみに、僕は、独立を選んでよかったと思っています。
ad
ad
>関連記事!
it,転職,独立,理由
ITエンジニアが転職、独立する理由を徹底解説します!
ITエンジニアの方には、「転職や独立(フリーランスになる)!」を考えているという方も多いと思います。そして、そのような方には、必ず「転職や独立をしたい理由!」つまり、今の会社を辞めたい理由があります。そこで!今回は、ITエンジニアが転職、独立する理由について、僕の経験を踏まえて説明します。
IT転職IT独立1,659view